会社概要

代表あいさつ

代表取締役 田中文悟

「LOVE銀盤!MOVE銀盤!」

毎朝社員全員で唱和している言葉です。

蔵の雰囲気が必ず酒質に出ると私は思っております。

蔵が明るくなければ、良い酒は出来ません。
商品を愛せなければ、良い酒は出来ません。
常に挑戦し続けなければ、良い酒は出来ません。

新生銀盤は皆様の期待を裏切らない酒造りに
これからもしっかりと取り組みます。

銀盤酒造のこれからに是非ご期待ください。

皆様の応援を必ず形にする事をお約束いたします。

取締役社長 田中文悟

会社概要

  • 社名
    銀盤酒造株式会社
  • 所在地
    〒938-0801 富山県黒部市荻生4853-3
  • 連絡先
    TEL:0765-54-1181 / FAX:0765-54-1183
  • 創業年
    1910年(明治43年)
  • 年間出荷量
    約1万石
  • 主な受賞歴
    全国新酒鑑評会金賞受賞 通算26回受賞
  • 杜氏
    荻野久男(富山県)
  • 仕込み水
    水源名:黒部川扇状地湧水群 軟水

銀盤の歴史

清酒 銀盤は、北アルプス黒部峡谷を臨む風光明媚な自然環境にあり、醸造は明治43年9月に始まり、太古の時代に酒が湧き出たと伝えられる荻生村に創業。現在の黒部川扇状地湧水群(昭和60年環境庁選定日本の名水百選の一つ。黒部川は建設省の平成10年の清流ランキングで通算4度目の全国一位)の名水を仕込み水とし、酒造好適米山田錦を惜しみなく磨き、研究を重ねてきました。「原料第一」と考え原料米に投資し、コンピュータ制御を備えた醸造機械や大型タンクが整備された工場で、米を磨いております。
また、平成8年4月には、「北陸初の地ビール」を完成させ、現在、アルコール分5%の秘峡黒部ビールや自家製ホップ他すべて国産の原材料を使用した「黒部峡谷ビール」など、独自のコクと、フレッシュな旨みのあるキレの良いビールとして好評を得ています。また、アミノ酸の多い味醂や、長期貯蔵の本格焼酎(甲乙混和)も生産しております。
2000年から、発泡酒『黒部トレビアン』をはじめガス入りワインやウォッカなども製造致しております。(容量330ml)

銀盤の歴史